戻る

過去の相談と回答から

各ID番号をクリックしてください。相談と回答が表示されます。

代替療法に関する相談

  1. ID-460
  2. ID-531
  3. ID-541
  4. ID-555
  5. ID-1398
  6. ID-1440
  7. ID-1523

【 ID-1523 】

ID ID-1523 性別 女性 年齢 48歳
病 名 乳癌 進行度 進行度不明
手術歴 - -
放射線
治療歴
- -
抗癌剤
治療歴
- -
現在、最も辛い症状

疲れやすい、精神的な不安感

相談その1

 1997年9月、左胸乳首から中心にかけて径約4cmの乳がん(固形)と診断受けました。
 複雑な家庭事情を抱えているため、告知を受けたことを家族に打ち明けられず、入院と手術を拒否しました。代替療法(服薬投与を受けている)と民間療法(筋治療)だけに頼って現在に至っています。
  ・2000年秋頃より皮膚が潰瘍化してガンが浸潤、始め5円玉ほどの大きさでしたが、現在は5×5cmほどに広がっている。
  ・2003年3月、代替療法の出生機関(クリニック)の紹介でCT・MRI造影剤を使っての撮影で両肺、肝臓、左鎖骨上部リンパ(あずき粒大)に転移が見つかる。
  <血液検査の結果>
※腫瘍マーカー値※
CEA・・・5.9
CA15−3・・・116
NCC−439・・・3.3
BCA225・・・427
ICTP・・・4.1
※生化学値※
LDH・・・177
r−GTP・・・−12
CRP・・・0
白血球・赤血球その他正常値

 精神的、体力的に抗がん剤治療には耐えきれない、また即入院治療を受けられないので、今後出きる限りの緩和治療を望みたいのですが、どのような治療法がありますでしょうか


平岩 正樹 先生の回答

 代替療法は患者の弱みに付け込む悪徳商法に似ています。早くまともな治療を受けられることをお勧めします。

 ID−1398等に対する回答を参考にしてください。
 このうち内服薬のカベシタビンは乳癌に承認され、日本でも6月24日に発売になりました。保険適応もあります。カペシタビンから始めるのが妥当かもしれません。

 

 


↑PageTop